キャバクラ派遣とガールズバー勤務、どちらが副業として優れているのかを検証しました。

MENU

キャバクラ派遣とガールズバーの違い

近頃、本業とは別に副業を持つ会社員の方が増えて来ています。
特にOLの方の場合には、この傾向が顕著に現れています。
何故かと言うと、男性よりも女性の方が夜の仕事が豊富なので、昼間に本業で働いて夜は副業で働くということが出来るのです。
しかもこうした夜の仕事は、基本的に給料の高い仕事がほとんどです。

 

そんな中でもOLの方の副業として特に人気なのが、キャバクラ派遣ガールズバーです。

 

キャバクラ派遣とは

キャバクラについては、多くの方が大まかなイメージを持っているはずです。
しかしキャバクラ派遣と聞くと、それが一体どのようなものなのか分からないという方がほとんどのはずです。
キャバクラ派遣とは、キャバクラ嬢(キャスト)をお店又はイベントに派遣するサービスのことを言います。

 

キャバクラでお酒を作る風景

一般的な会社にも、正社員とは別に派遣社員が加わることがあります。
これは、主として短期間で且つ迅速に労働力を確保することを目的に行われます。
キャバクラ派遣は、これのキャバクラ版と言うことができます。
派遣されたキャバクラ嬢は、在籍キャストの足りない店舗などにいわば助っ人という形で一時的に加わるのです。
こうして派遣されたキャバクラ嬢は、お店に在籍しているキャストと区別するために「派遣キャスト」と呼ばれます。

 

派遣キャストの仕事内容は店舗に在籍しているキャバクラ嬢と基本的に変わりません。
来店されたお客さんの傍に座り、会話をしたりお酒を作ったりします。
時にはお客さんにお酒をご馳走して貰ったり、場内指名を貰ったりすることもあります。
もちろん勤務時間についても、お店が営業している時間帯は一緒ですので、通常のキャストと一緒ということになります。

 

一方で、店舗に在籍しているキャバクラ嬢とは異なる部分もあります。
まず、派遣キャストは営業を行う必要が一切ありません。
キャバクラにおける営業というのは、継続的に店舗に出勤しているために発生するものです。
一度来店して貰ったお客さんに再び来て貰うためにメールやLINEなどで営業を行うわけです。
しかし、派遣キャストの場合には単発的な出勤が基本になるため、営業をする必要がないのです。

 

また、給料の支払いについても通常のキャストと派遣キャストでは異なります。
通常のキャストの場合には当然ながら、月に1回所定の期日に1ヶ月分の給料が振り込まれます。
一方、派遣キャストの場合には短期またはその日限りの出勤がほとんどのため、給料については日払いで受け取ることになります。

 

キャバクラ派遣の特徴

 

ガールズバーとは

ガールズバーもキャバクラ派遣と同様に、一般的にはあまり馴染みのない言葉だと思います。
そのため、それが実際どのようなものなのか、ご存知でない方がほとんどのはずです。
ガールズバーとは、女の子がお酒を作ってお客さんに提供しながら一緒に会話を楽しむことができるお店のことです。
これを読むと、多くの方が「キャバクラと同じじゃない?」と思われることでしょう。

 

しかし、ガールズバーの場合はキャバクラのように女の子がお客さんの隣に座るということはありません。

 

ウエスタンスタイルでガールズバーで働く女性

「バー」という文字が名前に入っていることからも分かる通り、ガールズバーにはどのお店にもバーカウンターが設置されており、女の子はこのカウンター越しに接客を行うのです。
ですからガールズバーにおいては、キャバクラでよく見られるお客さんとキャストのボディタッチなどは基本的にはありません。

 

また、ガールズバーには様々なタイプのお店があります。
キャバクラやクラブ、スナックといったいわゆる夜のお店は、メニューやインテリアなどが概して似通ったものになっています。
しかし、ガールズバーの店舗はそれぞれに異なった特徴を持っています。

 

例えば、店内でサッカーや野球などのスポーツ中継を流しているお店もありますし、メイド喫茶に近い作りになっているお店もあります。
そしてもちろん、キャバクラに似た作りになっているお店もあります。

 

また給料については夜の仕事ということもあって、基本的に高時給になっています。
中には、キャバクラに劣らないほどの時給で働けるお店もあります。

 

ガールズバーの特徴

 

キャバクラ派遣とガールズバーの違い

キャバクラ派遣とガールズバーには共通している部分も多々ありますが、一方で異なっている部分もいくつかあります。
まず、キャバクラ派遣は基本的に短期のお仕事になりますが、ガールズバーでは長期的に働くのが一般的です。

 

前者では派遣会社に派遣され、後者ではお店で雇われることになります。

 

次に、「接待」を行うかどうかという点でも両者には違いがあります。
接待とは、「積極的に特定の相手と歓談をしてサービスを行うこと」と法律上で定められている行為のことです。
キャバクラでは接待行為を行うことが可能ですので、派遣されたキャストも当然接待を行うことになります。
一方でガールズバーにおいては接待行為が禁止されているため、そこで働く女の子も接待を行うことは出来ません。

 

キャバクラがあるネオン街

最後に、キャバクラ派遣とガールズバーには営業時間にも違いがあります。
キャバクラでは0時以降の営業が禁止されているため、派遣されたキャストも0時より前には仕事を終えることになります。
しかし、ガールズバーでは0時以降の営業が可能なため、当然そこで働く従業員も深夜ないし早朝まで勤務することになります。

このように、キャバクラ派遣とガールズバーは似て非なるものなのです。

 

とは言え、どちらも女性の副業として人気の仕事ですので、興味を持たれている方は多いはずです。
当サイトではこの両者についての情報を紹介していますので、それぞれを知るための一つの材料にしていただければ幸いです。