働くことで習得できる能力は、キャバクラ派遣もガールズバーも共通点が多いです。

MENU

身につく能力

 

働くことで身に付く能力については、キャバクラもガールズバーも共通点が多いです。
テーブル周りのマナーや気配りなどはキャバクラの方がやることが多いです。
ナイトワークで学ぶ接客術は、その先の仕事や社交的な場所での対応など役立つことが多いです。
大変なこともあり世間体の悪い仕事ですが、働くことが全てマイナスになるワケではありません。

 

 

雑学王になれる

 

雑学を学ぶ書籍

キャバクラやガールズバーはお酒を注いでお客からの話を聞く仕事です。
自分から話をする場面もありますが、お客の多くは話をするのが好きな人です。
勤務中は常に客の話を聞いていることになるので得られる情報も多いです。

 

なかには大きく盛りすぎたり間違った話をする人もいますが、身に付く情報も多くちょっとした雑学王になれます。
気になる話があったら、帰宅時に送りの車の中でスマホから信ぴょう性をチェックしておくと良いでしょう。

 

 

ヒアリング能力

 

キャバクラやガールズバーで働くと自慢話をされることが多いです。
夜遊びをする男性だけが自慢話を好きということではなく、男性は全体的に女性に自慢話をするのが得意です。
接客に対して高額なお金を払うので男性は気を遣わずありのままの自分を出す傾向が強く、キャバクラの男性客だけタチが悪いのではなく、キャバクラを楽しむ男性が本来の姿です。

 

自慢話を聞いて上手にリアクションしたり、部分的に掘り下げるなど聴く力を身に付ければ、どんな場所にいっても男性から気に入られるようになります。
将来、まともな仕事に就職した時も上司から気に入ってもらえれば出世や昇給が有利ですし、配属先や働き方などの希望条件も通しやすくなります。

 

男性を見極める能力が付く

 

キャバクラやガールズバーは、一部でお金をたくさん持っていて仕事で大成功している人や、妻子持ちで家では良いお父さんをしている魅力的な男性もたくさん来ます。
逆に、まともに生きられず夜遊びやギャンブルばかりしているような、遊び人も来ます。
長く働いていると、少しお客と話をしただけで本物なのか偽物なのかの見分けがつくようになります。

 

男性を見極める能力が高まれば、将来良いパートナーを選定することもできますし、昼の仕事をするときも味方にするべき人が分かるようになります。

 

世渡り上手になれる

 

お酒を提供する水商売は、自分からドリンクのおねだりをしないと注文してもらえません。
もちろん一部でお客から言ってくれる人もいますが、成績の良い人はドリンクをおねだりするタイミングや、そういう展開にもっていく交渉力が優れています。
女性の多くは一歩踏み込むことが苦手ですが、キャバクラでは懐に飛び込む勇気や適切なタイミングを見極める能力が身に付けます。

 

キャバクラ派遣やガールズバーのバイトであれば、いくらでも失敗してもいいですし、嫌らがられることはあっても客からクレームを受けることはありません。
失敗を恐れずに、優秀なスタッフの真似をしながらドリンクや指名・リクエストを貰える能力を身につけられると、どこの世界にいっても世渡り上手になれます。