ガールズバーでは18歳未満の女の子は働くことができないと法律で定められています。

MENU

ガールズバーは年齢制限があるって本当?

ガールズバーは文字通り、女の子が従業員としてお酒を提供する仕事です。
またガールズバーは、勤務時間の遅い夜のお仕事でもあります。
夜のお仕事については、多くの方が「若い女性しか働けない」というイメージを持たれています。
しかし、実際にはそうした年齢制限が設けられているわけではありません。
それでは、ガールズバーについてはどうなのでしょうか。

 

18歳未満はガールズバーでは働けない

ガールズバーで働いているキャストの多くは若い女の子です。
この点では、多くの方が夜の仕事に抱いているイメージと合致しています。
しかし、いくら若いと言ってもそれには限度があります。
ガールズバーでは、18歳未満の者を従業員として雇うことはできません。
このことの法的な根拠となっているのは、以下の法律における条文です。

 

労働基準法第六十一条

「使用者は、満十八歳に満たない者を午後十時から午前五時までの間において使用してはならない。ただし、交替制によつて使用する満十六歳以上の男性についてはこの限りでない。」

風営法第二十二条の四

「営業所で午後十時から翌日の日出時までの時間において十八歳未満の者を客に接する業務に従事させること。」を禁止する。

 

ガールズバーのほとんどは「午後十時から午前五時までの間」を営業時間としており、尚且つそこで働くキャストは「十八歳未満の者を客に接する業務に従事」することになります。
そのため、18歳未満の者がガールズバーで働くことは法的に不可能だということになります。
従って、年齢制限ということで言えば、下限は自ずから18歳に設定にされます。

 

ガールズバーで働ける年齢に上限はあるのか

マルバツの棒を持つ女性

上記で触れた通り、ガールズバーでは18歳以上でなければ働けないわけですが、年齢の上限についてはどうなのでしょうか?
この点は、これからガールズバーで働こうと考えている方にとってはとても気になるところだと思います。

 

結論から言えば、上限となる年齢については法律上では規定がありませんし、お店としてそうした規則を設けていることもほとんどありません。
ですから、理屈の上では何歳であってもガールズバーで働くことができます。

 

一方で、ガールズバーで働いているキャストの平均年齢は20代前半であるという事実もあります。
これは、20代の後半になると辞めていくキャストが多いためです。

 

では、20代後半あるいは30代前半になっても勤め続けるキャストがいないのかと言えば、決してそうではありません。
そうした例も数は少ないにしろ実際にあるのです。

 

とは言え、30代前半のキャストが働いている例は全体から見ればまれなケースですし、30代後半になってもガールズバーに勤めている女性はほとんどいません。
まして40代ともなれば、スナックにおけるママのような役割でない限りはほぼ皆無だといえます。

 

従って、事実上の制限年齢は20代後半だということになります。
しかしながら、ガールズバーというのはお店によってかなり特色が異なります。
そのため、そこで働ける年齢層についてもそれぞれのお店で違ってきますので、その点はケースバイケースということになるでしょう。