キャッチに自信がないのであれば、キャバクラ派遣の方が気軽に働けるでしょう。

MENU

指名制とキャッチの違い

 

キャバクラはフリー来店の客も多く、ボーイがキャッチした客やフリー来店客の接客をして指名をもらうことを求められます。
ガールズバーは女性スタッフ自ら街頭でキャッチを求められるお店が多く、キャッチをして捕まえてきたお客は自分の成績になって歩合(マージン)で還元されます。
お客を獲得するための営業に自信のない場合は、キャバクラの方がストレスなく気軽に働けることもあります。

 

キャバクラ派遣は指名をそこまで重視されない

 

常勤で働くキャバ嬢はノルマを課せられたり、ナンバーワンの称号をもとめて高い競争意識を持っていることが多いです。
キャバクラ派遣を利用するお店は、一手不足でフリーの客を対応しきれないような人気店が中心です。
派遣によっては時給が高くてノルマも歩合給も一切なしといった働き方ができます。

 

指名されてお酒をつぐキャバクラ嬢

フリー来店するお客は女の子と話をできれば満足する人も多く、来たお客に対して最低限の接客さえしていれば成り立ちます。
歩合給のある職場も、フリー来店で来たお客に対して普通の話をしていれば指名をもらえるチャンスがあります。
一般的なキャバクラはフリー来店のお客は女の子が2回か3回チェンジます。

 

男性客から見ても、何度も女の子が変わって自己紹介からやり直すのは面倒に感じるので、フィーリングの合う気に入った女の子がつけば、そのまま指名してもらえるチャンスがたくさんあります。
ノルマを求められる職場が嫌な場合はキャバクラ派遣は最適な働き方です。

 

ガールズバーのメリット・デメリット

 

ドレスを着ないといけないキャバクラに対してガールズバーは基本的に私服で働けます。
一部の繁華街ではイベントなどでコスプレを着せられることがあります。
キャバクラのドレスはボディラインが出たり、胸元や足など露出の大きい派手なドレスを着ないといけません。

 

スタイルに自信のない人や、男性客からのいやらしい視線がストレスになる人はガールズバーの方が向いています。
ガールズバーは私服勤務が認められるかわりに、お店の前などでキャッチを求められることがあります。
夏は暑くて冬は寒いし、キャッチ中も接客中も立ちっぱなしなので体力を使います。

 

キャッチがあるのはガールズバーのデメリットだと捉える人が多いですが、ガールズバーを選ぶ人はキャバクラのタバコ臭い屋内に閉じ込められるよりも、客がいなくなったら外に行けた方が気分転換になるという意見もあります。
服装や働き方でメリット・デメリットがあるので、自分はどっちの方が向いているのかしっかり見極めてください。

 

キャッチのないガールズバーもある

 

歓楽街は取り締まりが強化されていて、キャッチを禁止、もしくはボーイのみがキャッチをするガールズバーが増えています。
キャバクラのような、客の隣に座って接客するのが嫌だけど、ガールズバーでキャッチをやらされることにも抵抗がある人は、キャッチのないお店を探してみてください。
ただし、面接や応募するときの問い合わせで、キャッチをしなくてもいいと言われたとしても、実際に働いて他のスタッフがキャッチをしていると自分だけやらないワケには行きません。

 

キャッチをしないでいいか聞くのではなく、他の女性スタッフがキャッチをしている子がいるのか確認するようにしましょう。
キャッチやノルマもなくて楽に働けるガールズバーもありますが、ガールズバーの時給は安いので自分の捕まえたお客でないとドリンクの注文をもらうのも難しく、水商売らしい稼ぎにならないこともあります。

 

キャバクラ派遣にも同じことが言えますが、楽な職場は稼ぎにくく、好条件やモデル収入の高い職場は指名やキャッチを求められるなど大変なことがたくさんあります。