キャバクラ派遣は研修や給与面がしっかりしているので、体験入店よりも無難です。

MENU

体験入店

 

キャバクラが多数存在する歌舞伎町の入り口

副業でナイトワークデビューを考えている人や、1~3万円程度のお金が必要な時は体験入店で働く方法があります。
ガールズバーとキャバクラも多数の体験入店を受け付けているので、どちらで働くか迷った場合は両方の体験入店をして比較してみると確実です。

 

体験入店はネット求人も多数出ていますが、求人で提示している時給は基本給+歩合給の合計によるモデル収入になっていることもあります。
時給が高くても過度な期待をしてはいけません。人生経験を積む目的で失敗してもいいくらいの気持ちで臨みましょう。

 

体験入店の注意点

 

体験入店には以下のデメリットがあります。

 

  • 思っていたよりも給料が低い(歩合で稼ぐ前提の条件になっている)
  • キャバクラ店によっては貸衣装がない
  • 体験入店を募集しているお店は忙しい
  • 2~5日ほどの勤務が条件になるお店がある
  • 緊張で飲みすぎてしまうことがある
  • 目立ちすぎると古株から嫌がらせをされる

 

体験入店の失敗談で多いのが、お酒を飲みすぎてしまうことです。
友達同士の飲み会であればセーブできますが、ナイトワークが始めてだと緊張したりお酒を強要されることから、ついつい限界以上の量を飲んでしまうことがあります。

 

お酒が好きな人も体験入店では、いつも以上にセーブをするようにしましょう。事前にお酒は飲めないのでドリンクはアルコールなしや薄めに作ってもらうようにお願いしておくと安心です。

 

一部で体験入店を回って稼いでいる人もいますが、お金をたくさん稼ぐことに重点をおかず、最低限の収入を確保しながらお店の雰囲気や働き方を見る社会見学のような意気込みを持っておいた方がいいです。
キャバクラで働くときは、勤務時間や貸衣裳の有無など細かい条件を確認した上でお店探しをしましょう。

 

キャバクラ派遣の方が無難?

 

単発勤務を希望する場合は、お店に直接雇用される体験入店よりもキャバクラ派遣で働いた方が無難です。
雰囲気が良い職場を見つけたい場合は、複数のお店で働く手配をしてもらえますし、最低時給などの給与面も事前にしっかり説明されます。
接客マナーに不安があれば研修をしてもらえて、派遣会社が貸衣装を用意してくれるところもあります。

 

体験入店の場合は面接→即勤務になるところが多く、キャバクラ派遣は登録で一度事務所の面接を受けないといけません。
本当に1日だけしか働かないのであれば体験入店の方が気楽ですが、定期的にナイトワークでお小遣い稼ぎをしたい場合は、キャバクラ派遣の方が都合のよいことが多いです。

 

体験入店のメリットは、職場の雰囲気を確かめられることですが、気に入った職場で直接雇用されるとシフトの自由が利きません。
繁忙期は働かないと同僚に迷惑をかける雰囲気にもなるので、空いた時間だけ無理なくお小遣い稼ぎをしたいのであれば派遣で働くことをオススメします。

 

ガールズバーも派遣はあるの?

 

一部のキャバクラ派遣はガールズバーの仕事も紹介してくれます。
体験入店で両方の働き方を比べてみたい場合は、キャバクラとガールズバーの双方を扱っている派遣会社を利用すると便利です。

 

全ての派遣会社がガールズバーを扱っているワケではないので、ガールズバーに強い所を選定して登録するようにしましょう。
ガールズバーで働くことで身につく能力もありますし、一度試しに働いて体験してみることも大事です。