キャバクラ派遣とガールズバーには働くときの服装に違いがあるので注意しましょう。

MENU

働く時の服装の違い

キャバクラ派遣とガールズバーは水商売と言われているお仕事です。
水商売は、他の職業とは様々な面で大きく異なっています。
特に大きく違っているのが働いている時の服装です。
さてそれでは、キャバクラ派遣とガールズバーではそれぞれ、勤務時にどのような服装をしなければならないのでしょうか。

 

キャバクラ派遣で働く時の服装

キャバクラ派遣で働くということはつまり、派遣を依頼されたお店でキャバクラ嬢の方と一緒にお仕事をするということです。
ですので、派遣されたキャストはお店に在籍しているキャストの方と同じ服装をしなければなりません。

 

ドレスを着てキャバクラに出る女性

その服装がどういったものかと言えば、ほとんどの場合ドレスということになります。
キャバクラに行ったことの無い人でも、キャバクラ嬢=ドレス姿というイメージがあると思いますが、実際にキャバクラ嬢はそうした衣装を身に付けているのです。

 

しかし、一口にドレスと言っても色々な種類があります。
派遣キャストも数あるドレスの中からキャバクラ嬢に相応しいドレスを選ばなければなりません。
その際に一番大事になるのは、ドレスのカラーです。

 

キャバクラでは、明るい色のドレスを着用することが基本です。
何故なら、キャバクラの店内というのは照明が暗いため、暗い色のドレスを着ているとどうしても雰囲気が重たくなってしまうのです。
ですから、派遣キャストの方も黒や紺などのダークカラーのドレスは絶対に選ばないようにしましょう。

 

一方、ドレスの形状についてはかなりの程度キャストの自由に任せられています。

 

キャバクラ派遣にはハイヒールが欠かせない

キャバクラ嬢にとって、ハイヒールというのはドレスと同様に非常に重要なアイテムです。
ハイヒールがあるのとそうでないのとでは、見た目の印象が大きく変わってきます。
キャバクラにおいて一般的なのは、10cm以上のハイヒールです。
ですので、派遣キャストの方も出勤の際には10cm以上のハイヒールを忘れないようにしましょう。

 

ガールズバーで働く時の服装

ガールズバーには大きく分けて2つの種類があります。
1つは制服で勤務しなければならないお店、そしてもう1つは私服での勤務が可能なお店です。

 

前者の場合は、お店が従業員の着用する制服を用意してくれます。
ガールズバーにはそれぞれにお店のコンセプトがありますので、それによって制服がセーラー服であったり、ナース服であったり、あるいはチアガール風であったりします。
また中には、メイド服やアニメキャラのコスプレを制服にしているお店もあります。

 

一方の私服勤務のお店では、当然ながら衣装を自らで用意しなければなりません。
その際に多くの方が悩まれるのが、どんな服装で出勤すれば良いのかということです。
これはお店の雰囲気によっても変わってきますが、基本的にデートに行く時の服装がお客さんには喜ばれます。

 

女性の方であれば、デートに行く時にはあまりキメ過ぎない「少しおしゃれ」な服装をされるはずです。
ガールズバーに来店されるお客さんにはそうした服装が好まれるのです。

逆に、あまりにも気合の入り過ぎた服装は敬遠されてしまいます。

ですので、私服勤務の従業員の方はこの点には十分に注意しておきましょう。