ヘルプが姫子から指名客を奪う「バクダン」は絶対NGのタブー行為です。

MENU

「ヘルプの仕事」って何?

 

キャバクラ派遣ではヘルプの仕事をする割合が高いです。
ヘルプとは、指名が被った時に指名された子が席を外しているお客の対応をすることです。
指名が被った場合は時間の中で均等に女の子がそれぞれのお客を接客できるようにボーイがコントロールします。
指名した子が戻ってくるまでの時間を繋ぐのはヘルプの役割です。
ちなみに指名の入っているキャストは業界用語で「姫子」と呼びます。

 

キャバクラ業界のタブー「バクダン」

 

バクダンなキャバクラ嬢

バクダンとはヘルプで入った時に客を奪って自分の指名に変えてしまう行為の業界用語です。
バクダンはキャバクラで絶対にやってはいけないタブー行為になって、キャバクラ派遣や体験入店、新人であってもバクダンをすると、元々指名が入っている人から怒られます。
さらにバクダンをしたことでお店のキャスト全体を敵に回してしまうので、ヘルプに入った時は最低限の対応をするように心がけないといけません。

 

もし、お客が気に入って指名しようとした場合でも全力で阻止してください。
お客が強引に指名してきた状況でも、言い訳にしか捉えられず同僚との雰囲気が最悪になってしまいます。
もちろん、その場で指名を貰う以外にも連絡先交換をしたり、「次回は私を指名してください」と自分の固定客にしようとする行為もNGです。

 

ヘルプのルール

 

  • 客を取ろうとしない
  • 連絡先交換NG
  • ベタベタするのもNG
  • ドリンクのおねだりをするのはNG
  • 飲み物を注文してくれそうになっても一度は断る
  • 姫子で注文しているボトルがある場合は、お客に確認した上で積極的に飲む
  • 姫子の話題は避けて、余計なことは話をしない

 

ヘルプで入った時にドリンクの注文を貰った場合、お店によってヘルプの成績になるか姫子の成績になるか変わります。
お店によってはヘルプでもドリンクの注文が入れば売り上げが伸びるので、積極的にドリンクのおねだりをするように推奨していることもあります。

 

ただし、お客から見たらヘルプにお金を使おうとしないのは当たり前のことです。

 

なるべくヘルプの意思でお金を使わせないように対応した方が無難です。
例外として、ボトルが入っているときは断りを入れて積極的に飲むようにしましょう。
姫子が戻ってきたときにボトルのお酒が少なければ新しい注文が入りやすくなるので喜ばれます。

 

キャバ嬢はお客に対して嘘を付くことがよくあります。
1人暮らしなのに実家暮らしといったり、デートを回避するために毎週末予定が入っていることにすることもあります。
ヘルプから姫子の話をするのはNG、お客から聞かれたときも、余計な話をしてはいけません。

 

「この間の日曜日もみんなで遊びにいったんですよ」とプライベートを暴露するのもNGです。仲が良くても、あまり仲の良くないフリをして「素敵な人ですよね」と軽く褒める程度にしておきましょう。

 

褒めることは良いことですが、褒めすぎて会話を広げると墓穴を掘るリスクが高まります。