キャバクラ派遣は営業をする必要がない割に時給が高いという女の子にとってのメリットがあります。

MENU

キャバクラ派遣で働くメリットとデメリット

近年、本業の他に副業でも収入を得たいというOLさんが増えています。
副業には色々な種類がありますが、特に人気なのはキャバクラ派遣です。
おそらく、今後もキャバクラ派遣で働きたいという女性は増えていくでしょう。
さてそれでは、キャバクラ派遣で働くことにはどんなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。

 

キャバクラ派遣で働くことのメリット

キャバクラ派遣が副業として人気を集めているのは、それだけのメリットがあるからです。
以下で代表的なものを紹介していきます。

 

短期で働くことができる

通常のキャバクラでは、そこで働くキャバクラ嬢(キャスト)はお店に在籍することになります。
そしてそのためには、面接に合格しなければなりません。

 

キャバクラのシャンパンタワーの風景

この面接では様々なことを聞かれますが、特に重要視されるのが長期で働けるかどうかという点です。
お店としては長期で働ける女の子を優先して採用したいと考えているのです。
従って、こうした面接に合格してお店で働くキャストはほとんどが長期の勤務をすることになるのです。

 

しかし、キャバクラ派遣の場合はこうしたことはありません。
お店としても初めから短期で働いてくれるキャストを求めているため、派遣されたキャストの雇用期間必然的に短期になります。

 

時給が高い

キャバクラ派遣は他の副業と比べても時給が高く設定されています。
また、店舗に在籍しているキャストと比べても遜色はなく、むしろ派遣キャストの方が高い傾向にあります。
通常のキャストであれば時給は2000円以上、高い所では2500円を上回りますが、派遣キャストの場合にはこれよりもさらに高く3000円を超える時給になります。
しかも、お店が忙しい時期などにはこれを上回る額になることもあります。

 

営業をする必要がない

キャバクラというのは、基本的にお客さんから指名が入らなければ商売になりません。
お店に在籍しているキャストはこれを得るために、あの手この手を使って営業活動を行うのです。
営業の結果が指名の数に反映され、指名の数がお店の売り上げとキャスト自身の給料に反映されるわけですから、営業はとても重要なものになります。
お店によっては、この営業活動に対してノルマを課しているところもあります。

 

しかし、派遣キャストの場合にはこうしたことを行う必要はありません。
キャバクラ派遣に求められるのは?忙期などにおける一時的な勤務ですので、継続的な利益を目的とした営業活動を行う必要は無いのです。

 

キャバクラ派遣のデメリット

キャバクラ派遣には以上で紹介したメリットがある一方で、デメリットも存在しています。
以下がその代表的なものです。

 

職場が毎回変わる

通常のキャストとしてお店で働く場合には、1つのお店に長期に渡って務めるというのが基本になります。
しかし派遣キャストの場合は、派遣を依頼するお店が複数あるのが基本のため、毎回職場が変わることになります。
そうすると当然、その環境に慣れるのに大変な思いをすることになります。

 

歩合が付かない

キャバクラで働くことの1つのメリットは歩合が付くというところにあります。
時給の他に指名バックやボトルバックといった歩合が存在するため、キャストとしても仕事に対してやる気とやり甲斐を持って取組めるわけです。
派遣キャストはこの点では不利になってしまいます。