ワイセツ行為に対して、高級クラブではキャバクラのように厳しく対処をしてくれません。

MENU

セクハラはあるの?

 

キャバクラやガールズバーは下ネタなど言葉のセクハラは日常茶飯事です。
下ネタトークを軽く受け流すくらいのことができないと、夜の仕事は務まりません。
身体を触るワイセツ行為も少なからずあります。一切触られたくないのであれば、カウンター越しの接客になるカウンターバーの方が無難です。

 

 

高級クラブよりキャバクラの方が無難

 

キャバクラより高級クラブの方が客層がいいのでセクハラリスクが少ないと思っている人がいますが、実際はその逆です。
頻度で見ればキャバクラの方が多いかもしれないですが、高級クラブのセクハラの方がタチが悪いです。
キャバクラで触られた場合はボーイに助けを求めれば席を変えたり、お客を強制退場させるなどの対処をしてもらえます。

 

高級クラブの場合はお客の使っているお金が大きいので、ボーイも助けようとせず「太い客は少しくらい触らせてあげろ」といった雰囲気で対応されます。
さらに、高級クラブは「たくさんお金を使ったのだから」といって枕営業を強要してくることも多いです。

 

おねだりをしていないのにブランド物をプレゼントされて、断れない流れで応じてしまうケースが多く、枕営業をしているホステスの比率も高いです。
初心者の人は客単価の低いキャバクラで働いた方が安全で、セクハラに関連したトラブルリスクが低いです。

 

騒がれた時の対処法

 

高級クラブのお酒とグラス

お客に触られたときは「うちはそういうお店ではありません」と小さな声で強気な対応をしてください。
その後は手を挙げてボーイを呼ぶか、トイレで席を立ってボーイに相談してください。
キャバクラでは触られたからといって、すぐに騒ぐのはNGです。

 

よほど悪質な場合を除いて、警察に通報しようとすることもできません。
キャバクラやガールズバーは警察沙汰を嫌うので、胸やお尻を触るワイセツ行為があっても、お客に法的責任や金銭による解決を要求することはできません。

 

軽いワイセツ行為は席を変えてもらう方法で対応。常習犯や何度注意しても繰り返す場合は強制退場&出禁で対処します。
被害者からしてみれば、納得いかないと思うこともありますが、ナイトワークは触られるリスクを含めて高い給料をもらえる仕事です。

 

受け入れる必要はないですが、タチの悪いお客に触られることを多少は覚悟しないといけません。

 

ガールズバーはノーリスク?

 

下ネタやセクハラトークのリスクはキャバクラと大差ありません。
ガールズバーは仕事の接待ではなく友人や同僚とプライベートで来る客が中心なので、言葉によるセクハラ頻度はキャバクラよりも多いです。
触られるリスクはカウンター越しなので、キャバクラよりも圧倒的に低リスクです。
気を付けないといけないのは退店時のお見送りの時です。

 

触ることはなくても、抱き着いてこようとするお客はいます。
不意打ちを受けるリスクは低いので、お見送りの時だけ警戒しておけば避けられる可能性が高いです。
ノーリスクではないですが、低リスクなのは事実です。
不安な場合は体験入店をして自分にどちらが合うか調べるといいでしょう。